2010年12月17日

刀語

昨夜は刀語最終回でした
実は今年一番熱かったアニメかもなー

1時間枠で月に一回放送全12回と変則中の変則で放送されたんですが、1回で変態刀一本分の話を1時間の長尺で提供されるので意外に一ヶ月、間が持つ満足感が得られる感じでした
最終回前はさすがに待ち遠しかったですが

最終回はやっぱりとがめさん死んじゃうんですねぇ…
尾張城突入からの流れは熱かった
久しぶりにアニメで手に汗握ったような
後から気付いたけど七花が羽織ってたのはとがめの血で染まった着物だったのね…(´;ω;`)ブワッ
炎刀で蜂の巣になってたし、皆殺しして後追いENDなのかなとおぼろげに思ってたのでエピローグはやや意外な
いや、ああいうエピローグは好物ですが(笑
ああいう終わり方すると余談をつい妄想してしまいがちなんですがそういう方向に面白い同人書いてくれる人居ないかな(笑
出始めた頃から思ってたけど否定姫はやはり良い戸松。コレ試験に出るから


惜しむべきは前半戦にtorne導入が間に合わなかったから5話くらいからしか録画が残ってないのよね…
いずれブルーレイで手元に置く機会を伺いたいところです
posted by 永瀬京呼 at 00:11| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。