2010年11月12日

よろしいならば戦争だ

タクティクスオウガ・運命の輪をプレイ中
戦争に明け暮れています

自分はS・RPGが苦手です
キャラクター推しのようなタイプならまだマシなんですがガチタイプは正直苦手且つ下手
PS版のFFTAをプレイしたこともあるんですがどうしても無死亡で進めないのに折れて途中で辞めた事もあります(笑
そんな私がC.H.A.R.I.O.T.とW.O.R.L.D.という2大ゆとり機能を搭載した今作で苦手意識克服に挑みます!(笑

只今プレイ時間は8時間くらい
最初は編成でやれることが多くて怯みましたがだいぶ慣れてきました
ゲームテンポは以上にサクサク
ロード時間を感じる箇所はほぼ無いし(メディアインストール使用)敵の思考も超高速
キーレスポンスが良くて、項目を忙しく行ったり来たりする編成画面でも全くストレスが無いです
長時間プレイするゲームだとこういうところは特に重要ですねぇ

敵の思考パターンはオリジナルとは変わってるみたいですが難易度は折り紙つき
難易度設定もないのでとっつき難さを感じますがそれを緩和してるのがC.H.A.R.I.O.T.とW.O.R.L.D.の両機能であります
W.O.R.L.D.はまだ使ってないので置いておきますが、戦闘中はとにかくC.H.A.R.I.O.T.が凄く便利
遡って戦闘の流れを変えることは勿論ですが、ちょっとした操作ミスもLボタンひとつで即やり直せるのは嬉しい
通常だと行動コマンドを終えると行動の頭に戻ることはできませんがC.H.A.R.I.O.T.を使えばそれが可能なのでいくつかの行動を試してみて最良の結果を選び出すということも可能です
正直コレはこの手のジャンルではかなりの禁じ手だと思うのでよく標準機能で搭載したなぁ、とは思います
個人的には1ミスで数十分を無駄にしてしまうストレスを一挙に解消されたので遊びやすくなったとは思うけれど、ファンの人の中には温くなったとガッカリする人もいるのかなぁ
まぁC.H.A.R.I.O.T.を使用したバトルはプレイレコードで回数がカウントされているので、この数字を0のままに縛りプレイをするのもまたアリだと思うのでその辺は個々のポリシーで
自分はおかげ様でいまだ無死亡無負傷なので大助かり(笑
C.H.A.R.I.O.T.も万能ではないので基本的には緊張感を持って思案していかないとどうしようもなくなることだってありえますしね

BGMが非常に素敵なのでプレイ中はイヤホン使用推奨で
一戦一戦が長くて手間をかけたくなるゲームなので非常にじっくり遊べそう
これからの季節コタツにミカンで戦争を、というのもよろしいかもですよ
posted by 永瀬京呼 at 23:06| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。